有限会社 石のセンター稲葉

営業時間 9:00~17:00

時期によって変更がございます。
お問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-087-014
資料請求
メールでのお問い合わせ
  
お電話でのお問い合わせ
資料請求
メールでのお問い合わせ
「墓じまい」について

今回は近頃話題となっている「墓じまい」についてお話します。

皆様は「墓じまい」と聞いてどんな意味か分かりますか?

よく「墓じまい」と言うからには、お墓を閉じてもう無くしてしまうというような意味にとられます。

でも「墓じまい」といっても、それでもう完全にお墓を閉じてしまうことではないんですね。

本来の意味の「墓じまい」とは、お墓を移転して建てる、これを「改葬」と言うのですが、そのための一つのプロセスなんです。

「改葬」と呼ばれるお墓の移転には、次の4つのプロセスがあります。

一、すでに建っているお墓の閉眼供養、魂を抜くと言う意味ですが、これをした後にお骨を取り出します。

二、元のお墓を撤去して更地に戻します。

三、新しい墓地にお墓を建てます。墓石を移動したり、新しく建てるわけです。

四、お骨を納め開眼供養を行います。

正式にはこの一連の流れを改葬と言いますが、「墓じまい」は2番目の、元のお墓を撤去して更地に戻すことだけを指すんです。

「墓じまい」と言う言葉が興味を引く表現であることから、マスコミや消費者が「墓じまい」イコールお墓を持たなくなる、という誤解をしがちですが、むしろお墓を大切にしていきたい、ご供養を続けていきたい方々が、お墓の引越しのプロセスとして墓じまいをするケースが増えているんです。

これはお墓を持たないのではなくて、むしろ発展的な逆の意味なんですね。

近年、自然葬、散骨などが話題を呼んでいますが、その結果残された家族が手を合わせる対象が無くなり、後悔されるかたがたの声も多く聞かれます。家族の絆、報恩感謝の気持ちを持って、供養の永続性を考えていただきたいですね。

メニュー


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs515936/yasuragiya.net/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2781